その情報を、今求めている顧客だけに。リレーションシップを創造するマーケティング戦略。

過去の顧客データを最新の情報に変換したい。
顧客データの表記が統一されていないため名寄せ(重複削除)ができない。
など企業の情報管理における課題を解決し、しかもCRMにつながる戦略的なデータベースにまで構築する。
それがパン・ワールドのDAPS(データ・クリーニング・サービス)です。

住所表記変換サービス【DAPS】

パン・ワールドが保有する各種マスターとの照合により郵便番号、市制変更、住所、建物名、号室にいたるまで、行政区画に合わせたフォーマット化を行い企業が管理するデータを新鮮で無駄のない戦略的情報に整備します。 ※お問い合わせはこちらからもどうぞ。

電話チェックサービス【DAPS/T】

管理している顧客の電話番号が使用されているのか。システムが自動的に電話をかけ、応答する電話チェックサービスにより、スピーディに電話の使用状況が確認できます。さらに顧客在宅率の高い時間帯を設定した上での自動発信も可能。また、転居などで未使用になっている電話はこのサービスにより明確になります。
※お問い合わせはこちらからもどうぞ。

個人データ整備サービス【DAPS/D】

ソースデータ内に同じ顧客が多数存在する、あるいは表記方法がデータによって異なるため名寄せ(重複削除)ができない。その課題を解決するのが個人データ整備サービス。漢字コード変換、新旧漢字変換、不正文字の排除など、パン・ワールド独自の名寄せ処理で各種データの一元管理を実現します。
※お問い合わせはこちらからもどうぞ。

データ出力サービス

DAPSで整備されたデータをダイレクトマーケティング戦略に即活用したい場合、大量のラベル制作にも対応するデータ出力サービスも行います。また、DM発送先のセグメントもパン・ワールドのPWMDBを活用し企業と顧客のニーズが合致する効果的なマーケティング戦略のご提案が可能です。
※お問い合わせはこちらからもどうぞ。

・変換できないデータは、専門スタッフがひとつひとつ目検を行い、完璧なデータに仕上げます。
・クリーニングされたデータの戦略的活用や管理・実施に至るまで、ご提案いたします。
  • 個人情報保護法とは
  • IT社会の進展に伴い個人情報の 利用が著しく拡大しているなか、 個人情報の有用性に配慮しつつ、 個人の権利利益を保護し、侵害を 未然に防止しようとするものです。
  • 概要…
  • 法律案…